当協会について

1.設立 HISTORY

協会は、仙台都市部の建設需要に対応するため、昭和38年4月、仙台市内に本店を有する27社をもって創立した任意団体「仙台建設クラブ」が前身です。 当時、宮城県内の建設業の組織としては、社団法人宮城県建設業協会はありましたが、仙台支部は未結成でした。昭和45年に仙台・名取・岩沼の各市と黒川郡・亘理郡に本店を有する業者と出先業者で仙台支部が結成されました。(昭和55年出先業者は分離独立)

その後、平成元年4月1日、仙台市が政令指定都市に移行したことにより、仙台市の区域内にある建設業者の意識の活性化、技術の向上、経営基盤の強化等を組織的に行う必要から、仙台建設クラブと社団法人宮城建設業協会仙台支部が合併、平成元年9月1日に法人化の許可を受け、社団法人仙台建設業協会が発足。平成25年4月1日に一般社団法人仙台建設業協会に移行し、今日に至っております。

2.目的 PURPOSE

建設業者の団結と相互協力により、建設業の技術的、経済的向上を図るとともに、労働災害の防止及び雇用改善等の推進、建設業の健全な発展に貢献することを通じて、公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

3.会員 MEMBERS

会員は、建設業法の規定により許可を受け、仙台市及び黒川郡(大郷町を除く)の区域内に本店を有し、総合して建設業を営む個人又は法人で、本協会の目的に賛同し、理事会の承認を受けたものが会員となることができます。会員には正会員と賛助会員の二種があります。平成27年9月1日現在の正会員は76社で構成されています。