仙台労働基準監督署と仙建協で組織する労働災害防止連絡協議会の平成28年度建設工事安全パトロールを平成28年11月24日(木)に行い、仙台労働基準監督署より安全衛生課長と安全専門官、仙建協労務・安全管理委員長、副委員長、安全指導員4名、事務局、また仙台市より技術管理室や工事担当課の職員にもご参加いただきました。
出発式では、河合会長より「これから年末・年度末を迎え寒さも厳しく安全管理が大変になる。この時期のパトロールは意義がある。」と挨拶しました。
今回は、土木班と建築班に分かれて2現場を点検し、それぞれの現場で、現場代理人より現場概要や進捗状況などの説明を受け、安全管理関係書類の点検、現場では掲示看板や作業通路、重機の設置状況などを確認しました。
パトロール終了後の全体講評(反省会)では、参加者が各現場での感想、指摘事項やアドバイスなどを発表し、それぞれの立場から安全対策へのレベルアップを目指しました。